So-net無料ブログ作成

ペットフードのヒューマングレードの違いについて [違い]


日本は海外と違ってペットフードに関する法的な規制がありません。
ですので、良くない原材料が使われていてもチェックができません。

良くない原材料というのは、肉副産物や4Dミートと呼ばれるものです。

肉副産物とは、肉以外の動物の内臓や骨や羽など食肉部分のこと。
そして4Dミートとは、動物の死骸(Dead)、病気の動物(Diseased)
死にかけの動物(Dying)、障害のある動物(Disabled)の肉のことです。

これら劣悪な材料を使っているペットフードのことをフィードグレードと呼び、
一般的なペットフードはこれらの材料が普通に使われています。

恐ろしいですね・・・
体の小さい猫に、こんなヤバイ材料で作られたものを食べさせては絶対にダメです。


そして、これとは逆に、
人間が食べる食品と同レベルの原材料で作られたペットフードを
ヒューマングレードと言います。

ヒューマングレードのペットフードは我々が食べている物と変わらないので、
猫にも安心して食べさせられます。

動物病院の先生に猫にご飯について指導されたことがあります。
それはたった1つ。人間レベルの食べ物を与えるということ。
要するに、手作りご飯やヒューマングレードのキャットフードのことです。

「猫に長生きをさせたい」
「猫が高齢になってきた」
「腎臓が悪いと診断された」

このような場合は、ヒューマングレードのペットフードに
切り替えるタイミングかもしれません。



banner01.jpg





共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。